日光市S邸

日光市アパート

日光市F邸

日光市N邸

日光市T邸

日光市F邸

日光市

鹿沼市アパート

宇都宮市I邸

日光市S邸

宇都宮市T邸

小山市A邸
外壁の塗り替え時期
外壁の塗り替え時期は、10年前後が一つの目安といえます。立地条件にもよりますが、フッ素等の耐久性がある塗装を除いては、10年前後ごとに繰り返すことで長期間性能を保ち続けます。

塗装してから維持できる年数が10年前後という塗料が比較的多く流通しています。

もちろん、このことは一般論であり、塗装してから10年以上経っても劣化がそれほどでもない場合もあります。
逆に2~3年で大幅に劣化してしまう場合もあるので、塗り替え時期が塗装してから10年とは一概にはいえません。

自分の家は?と不安を持たれる方も多いと思いますが、診断は簡単にできるので安心してください。塗膜の劣化状況は簡単に診断できるので、お気軽にご相談ください。

劣化状況の簡単な診断方法とは
まず見た目ですぐに判断できる、色あせ、クラック(ひび割れ)、藻・苔・サビの発生等があります。
次に、手で塗装面をこすってみてください。白い粉が手に付く場合は、チョーキングという現象がおきています。
紫外線・熱などで塗膜の樹脂が分解されて劣化し、顔料が粉状になって残る現象です。劣化の進行を表しています。

色あせや汚れのほか、こうした状態が確認できたら外壁塗装を検討する時期にさしかかっている、ということを知ることができます。
早期発見・早期治療が大切
ひび割れやクラック等をそのままにしておくと、住まいが傷み、内部が腐食してしまう、なんてことにもなりかねません。

メンテナンスをすることで住まいを長持ちさせること、ひいては資産価値を高めることにもなるのです。

北の谷塗装では無料見積もりを行ってますので、お気軽にご相談下さい。
腕利きの職人が丁寧に外壁塗装します
高い技術を持った専門職人が誠意を持って施工します。
どんな優れた材料を使っても、職人の腕が悪ければ台無しになります。塗り方がよくなければ耐用年数がもたないこともありえます。塗装には技術力が必要なのです。

施工事例