ウッドデッキ塗装

施工前 ウッドデッキ

施工後 ウッドデッキ

施工前 ウッドデッキ

施工後 ウッドデッキ
ウッドデッキの補修、再塗装
一般的には3~5年で塗り替えると木材が長持ちすると言われていますが、定期的なメンテナンスをすることで長持ちします。
ウッドデッキの痛み具合は、立地条件によっても違います。
塗替えの目安

塗り替えのタイミングとして、全体的に木材の色が色褪せてグレー色となり一部分が白くぼけている状態です。
木材を爪でひっかくと塗料が剥がれるような状態。

木材が黒くなっていて、ひびや割れ目が入っている、又、木材が中で腐っている場合には板の張り替えが必要になるかもしれません。
塗料
前回塗っている塗料から選ぶ
水と油は相反するものです。前回水性塗料を塗っている場合には水性塗料を塗り重ね、油性塗料を塗っている場合には油性塗料を塗り重ねるのが良いでしょう。

北の谷塗装では無料見積もりを行ってますので、お気軽にご相談下さい。

施工前 ログハウス

施工後 ログハウス

施工前 ログハウス

施工後 ログハウス

ログハウス 新築
ログハウスの補修、再塗装
私たちの身のまわりにある道具などが、時々、手入れが必要となるように、ログハウスも手入れが必要です。建物の完成後も木が呼吸しています。ですので、メンテナンスを心掛けることはログハウスでは、とても重要なのです。適切な手入れを続けていくことで、建物に深みが増し、何代にもわたり使い続けていくことができます。

再塗装は、初めはは2~3年後、その後は5~10年を目安に行います。
※立地条件によっても違います。
ヤニの多いログ材
メンテナンスの主なものは外部塗装です。
台風などで強風を受けやすい場合は防水コーキングも含まれます。

表面に皮膜ができるような塗料を用いた場合には、しばらくすると塗装が剥がれ落ちてしまい、そこから雨水が浸入し、腐食を招いてしまいます。木の呼吸を妨げない「浸透タイプのログ用塗料」がお勧めです。

ダグラスファーをはじめ、ヤニ(脂)が多く含まれるログ材で建てたログハウスは、ベトベトした液体が木の切り口などから染み出してくることがよくあります。見た目にも悪く、服などに付着するとやっかいです。塗料のノリもよくないため、再塗装の際には除去する必要がでてきます。
除去作業には、専用のヤニ取り剤、またはガソリン・シンナーなどを塗布し融解させてからふき取る方法や、ヤニが固くなっている冬場などの場合には、ヘラやガムテープで剥がして取る方法などを用います。
ログ材の重みや乾燥収縮によって起こる沈下現象
セトリングとは、水平に積んだ各段が沈下しログ壁の高さが低くなる現象です。ログ材の重みや乾燥収縮により起こります。ログハウスは木でできているため、木特有の現象が起こります。
セトリングは、ログハウスにとってはごく普通に起こる現象ですので、その都度対処していくことで、通常であれば築5~6年で落ち着きます。

北の谷塗装では無料見積もりを行ってますので、お気軽にご相談下さい。

施工事例